家にかける改修について

リフォームとリノベーションの違いを解りやすく余計な説明を省いた紹介になります。 細かい違いは別なところで説明しています。 リフォームは大まかにはこう、リノベーションは大体こうと言った感じです。 大きな違いなのでここをおさえておけば基本は大丈夫だと思います。

どの工事がどれになる?

リフォームもリノベーションも言葉の響きが似ているだけに内容にあまり差がないようにも思えます。 ですが、違いは改修工事の規模の大きさにありました。 家にどのような施工を施したいですか? どのような施工を施すとリフォームになり、リノベーションになるのでしょうか?

ここに気をつけよう

リフォームやリノベーションを行う際に困ることをまとめています。 改修を始めてからだと困ってしまうことも沢山あると思います。 事前に知っておけば困ることもないのです。 リフォームでは、ここ、リノベーションではここというところを紹介しています。 リフォームやリノベーションをやるなら注意したいところです。

大きな違いと基本

住宅の修繕を悩んでネットを見ていると「リフォーム」と「リノベーション」という文字を見つけました。
この2つの大きな違いは何なのでしょうか?

まず、「リフォーム」からです。
大雑把にいうと老朽化した建物を建築当初の性能に戻すことです。
古くなってひびが入ったり、穴が空いたりしてしまったものを新しいものに取り換えてまた使えるようにすることですね。
はじめから立っているちょっと古びた建造物に手を加えることをおおきく意味合いといて施工しています。
金額もこちらの方がお手頃で手を出しやすいことからリノベーションよりリフォームを希望する家が増えているようです。

次は「リノベーション」です。
こちらは用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりするというものです。
修繕だけでなく、使える機能を変更したり、新しく使える機能を追加やバージョンアップさせたりすることなのだそうです。
こちらも建造物に大きな改修を加えるのは違いないですが、改修の規模がこちらのほうが大きいです。
解りやすく言うと建造物に新しい付加価値をつけることです。

また、金額も全然違います。
リフォームのほうが手頃で手を出しやすいことから悪徳リフォームやリフォーム詐欺などの被害も多々出ているようです。
詐欺にひっかからないポイントもご紹介しようと思います。

ご自宅の修繕は「リフォーム」と「リノベーション」のどちらでしょうか?
修繕のみですか?バージョンアップですか?

▲ TOPへ戻る