どの工事がどれになる?

小規模の改修をリフォーム

リフォームは老朽化したものを新しく付け替えるというものです。
主には老朽化について改修を行うことをリフォームと言いますが、現状がマイナスならばそれをプラスにすることも含みます。

なので、今現在の壁紙の印象が貴方の中でマイナスだったものを張り替えるとしましょう。
すると、新しい壁紙で貴方の壁紙への印象がプラスになるのであれば、その壁紙を張り替える施工もリフォームなのです。

また、システムキッチンやユニットバスなどの取り換えなどという小規模の施工はリフォームに入ります。
改修工事の規模が小さいことから施工日数もリノベーションより短くリノベーションより比較的早く住宅に入居が可能です。
費用もお住まいの自治体によっては補助金も出ますので是非役所に行ってみてください。

大規模の改修をリノベーション

リノベーションは大きな改修工事を言います。
性能を高めたり、価値をつけたりすることです。

キッチンの取り換えとかだけではなく間取りを大きく変えようとか、内装外装を変えようと施工をすることをリノベーションと言います。
また、水道管や排水管、冷暖房換気設備などを大きく変化すると家自体の価値も変わってきますよね。

これは、リフォームとは違い、自分で設計ができるのがいいところです。
中古住宅を購入し、自分でリノベーションすることで新築を購入するよりお値段を抑えることができます。
「あとで自分でリノベーションするから」と思って物件を探しに行くと検索する立地や条件の幅も広くなります。
例え間取りが気に食わなくても「あとで自分で直すからいいや」となるのです。


▲ TOPへ戻る